BLOGブログ
BLOG

「フローリング」ビス穴の補修について

2020/07/17
フローリングにビス穴が開くことはまず普通の日常ではあまり
起こらないと思います。
しかし、近年ではDIYなどの流行で、自分で自宅を改装する
方も増えています。
DIYの失敗などでフローリングに傷やビス穴などができて
しまった場合修正可能なんでしょうか?
今回はそんなフローリングのビス穴修正について紹介したい
と思います。

▼フローリングの傷や穴
フローリングの傷は修正自分でも修正は可能です。
それこそ、DIY好きな人であれば少しの傷や穴などは
自分で修正してしまう方も多いと思います。
少しの傷や浅井へこみであれば自分で修正するのもいいと思い
ますが、傷が広範囲であったり、傷の度合いによっては
かえって傷を増やしてしまうなどの可能性も考えられます。
自分でする時は傷や穴がどの程度なのかを理解し、自分で
できない範囲であればプロの手を借りることをおすすめします。
DIY好きであればプロからアドバイスなどももらえたりと
いいこともあります。

▼自分で修正する方法
床を削ったりしなくても、通販サイトを見るとビス穴などを修正できる
ボンドのような物が結構販売されています。
色も木目に近い色も販売されているので、簡単に修正したい方には
おすすめです。
穴は放っておくと埃や床の傷みの原因にもなるので、早めに修正
してあげましょう。
穴埋めは画びょうで開けてしまった穴や、少しの傷であればそれも
修正することができますよ。

傷や穴は、目立たない位置であれば多少は気にならないですが、
目立つ場所の場合にはやはり気になってしまうものですよね。
フローリングの材質や色が合わなくて気になるという方は
やはりプロに任せることをおすすめします。
自分で修正できる傷なのか、プロに任せた方がいいのかの判断は
とても大事です。
お困りのことがあれば気軽にご相談ください。