BLOGブログ
BLOG

フローリングの浮きについて

2020/08/13
長年住んでいるとフローリングの劣化も起きてきます。
フローリングの浮きもの1つです。フローリングが盛り上がったり浮いたりしてきます。
放置していると浮きが酷くなり修理費もかかってしまうので早めの対策が必要です。
フローリングの浮きの原因や予防策についてご紹介します。

▼フローリングの浮きの原因
さまざまな原因で浮きは起こります。施工不良や床下や下地の影響などもありますが、1番の主な原因は「湿気」です。
湿気で水分を含んで膨張することがあるので湿気の多い環境では特に湿気による影響があります。
木には湿気を吸ったり吐いたりするため室内の環境のためには湿気が無い環境も良くないのです。

▼フローリングの浮きを予防するためには
フローリングの浮きを予防するためには「湿気」が大きく関わっています。
■室内の湿度
湿気の多い梅雨に時期などは木が多く水分を吸ってしまうのでこまめに換気を行い室内に湿気を溜めないようにすることです。
除湿器なども使うことで室内の湿度をコントロールできます。

■ワックスを塗る 
ワックスを塗ることで傷などから保護することもでき、過度に湿気を吸い込むことを防ぐことができます。
商品で推奨されている期間を守りワックスを塗ることで浮きの対策になります。

▼フローリングの浮きの補修方法は?
DIYできる道具もホームセンターなどで販売されているので補修することはできますが、素人や初心者だと仕上がりに納得できないこともあります。
浮きが酷い場合や賃貸物件の場合は業者に依頼することをおすすめします。

フローリングの浮きは湿度も大きな原因なので、喚起や除湿器などで湿度調整を行って浮きを予防しましょう。
当社はフローリングの補修にも対応しておりますので、傷や凹みで傷んでしまったフローリングの補修をご検討中でしたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。