BLOGブログ
BLOG

白いフローリングの傷を補修する方法

2020/09/15
白くて美しいフローリングに傷がつくと、ショックが大きいですよね。
白いフローリングは一度傷がつくと、どんどん悪化し汚れたように目立ってしまいます。
今回は、白いフローリングの傷を補修する方法について紹介しています。

▼フローリングに傷がつく原因
まずはフローリングに傷がつく原因を知っていきましょう。
フローリングの傷は以下のようなものが原因となっています。
・家具を引きずる
・硬いもの(鍵やおもちゃなど)を落とした
・ソファーなどの家具が負担となった
・ペットが爪でひっかいた
日常でよくあることがフローリングの傷の原因となります。
いくら気を付けていたとしても避けられない問題なのかもしれません。

▼白いフローリングを補修するには?
白いフローリングの補修は自分で行うことができます。ただし小さな傷の場合です。
そして自分で行う場合は、失敗するリスクがあることを承知のうえで行うようにしましょう。
浅くてこすったような傷は、ワックスで目立たなくすることができます。
少し深い傷は、ホームセンターなどに売っているクレヨンのようなもので補修します。
使い方は、クレヨンをドライヤーなどで温めて、傷の奥に入れ込むようなイメージで塗ります。
はみ出た部分をヘラなどを使って取り、固まったら乾いた布で磨いて完成です。

▼こだわりの白いフローリングはリペア業者に相談
フローリングに白を選ばれた方は、おしゃれでこだわりのある方が多いのではないでしょうか。
そんなフローリングの補修を自分で行って失敗したくない、傷が大きすぎて自分ではできないという場合は、
リペア業者に相談することをおすすめします。
リペア創芸でもフローリングや木製品などのウッドリペアを承っております。
フローリングの傷や傷みにお悩みの方は、是非お問い合わせください。