BLOGブログ
BLOG

木製テーブルの補修方法

2020/10/15
木製テーブルは、細かな傷や色落ちなどが目立ってしまい、気になる人も多いと思います。
そこで今回は、木製テーブルの補修方法についてご紹介します。
▼木製テーブルの補修方法
木製テーブルの補修方法ですが、実は家にある身近なもので補修できます。
■インスタントコーヒーとお湯
・インスタントコーヒー小さじ3
・お湯小さじ3
1対1の割合で混ぜ合わせます。
混ぜ合わせたものをキッチンペーパーなどに少し浸して、傷部分を薄くのばしながら拭きます。
コーヒーの茶色の着色のおかげで、細かい傷も目立たなくなります。
■オイルとお酢
・食用オイル
・お酢
1対1の割合で混ぜ合わせます。
混ぜ合わせたものを布に染み込ませて、傷部分に擦り込むように拭きます。
また何度か重ねて拭くことで、小さな傷も目立たなくなります。

▼木製テーブルの深い傷の補修方法
もし深い傷を修理したいと考えるなら以下のアイテムで修理にチャレンジしましょう。
・樹脂タイプの補修剤
・家具補修用パテ
どちらも傷部分を埋めて使用し、表面を平らにする作業です。

▼木製テーブルにつく傷の種類について
とくに木製テーブルは傷がつきやすいですが、その傷の種類をまとめてみました。
■変色傷
熱いコップを置いたときにできる輪ジミ
■凹み傷
丸みを帯びたものが当たり、表面が凹んだ状態
■ひっかき傷
鋭い金属により線みたいな傷が入る状態
■塗装剥がれ傷
経年劣化にろち、塗装している部分が剥がれて、割れたり浮いたりする状態
■接着剥がれ傷
集成材を使ったテーブルで起きる現象で、木材の接着の部分が剥がれて隙間ができる状態

木製テーブルにも様々な傷の種類があるので、あらかじめ知っておくと良いでしょう。

小さな傷や凹みなどは、家にある身近なもので修理をすることができるので、一度試してみてください。
また、大きな傷で修理が難しい場合は、気軽に当社までお問い合わせください。