BLOGブログ
BLOG

木製家具お手入れ方法

2020/10/22
気に入って買った家具や奮発して買った家具は、少しでも長く使いたいですよね?
毎日触れたり使ったりする家具は傷や汚れが付きやすいです。
今回は木製家具のお手入れについてご紹介していきたいと思います。

▼木製家具の手入れ
■普段からのお手入れが大事
日頃から乾拭きし、こぼしたり汚したりしたらその都度拭き取るようにして下さい。
熱いものには敷物を、食事の時はテーブルクロスやランチョンマットを使うと傷がつきにくいです。
濡れたままのお茶碗などは長時間置いておくと輪ジミの原因になるので注意しましょう。

▼もし汚れてしまったら…
・普通の汚れの場合、中性洗剤をぬるま湯で100倍くらいに薄めて柔らかい布を浸し固く絞って拭き取ります。
ぬるま湯に浸した布で中性洗剤を拭き取って乾拭きしましょう。

・マジックなどの汚れの場合、シンナーは使わず中性洗剤で何回も拭き取ります。
ラッカー塗料は色落ちに気を付けて下さい。
マニキュアの汚れは落ちません。

▼もし傷がついてしまったら…
市販されているクレヨンタイプorペンタイプの補修剤で分かりにくくできます。
ダイニングテーブルの傷の予防に、天板の形に合わせオーダーカットできるPSマットがあります。

▼木の乾燥、湿気、カビ対策
湿気が多い時期、動かすことができる家具はたまに風通しの良い場所で陰干ししましょう。
家具を壁際に置くなら下にスノコを敷く、壁にぴったりつけず少し隙間をあけておくと、風通しがよくカビを防げます。
気温が低くて空気が乾燥している時期、塗装されていない家具やオイルフィニッシュの家具は、直接暖房が当たらないよう注意しましょう。

自然なぬくもりを感じれる木製の家具は、値段は少々かかりますがお手入れ次第ではいつまでも使い続けることができ
丈夫で長持ちできます。
定期的なお手入れでお気に入りの木製家具を長く使い続けたいですね!